秋はまだ紫外線に対して油断をしてはいけない

秋はまだ紫外線に対して油断をしてはいけない

季節がら紫外線対策が一番重要になるのは夏です。紫外線の降り注ぐ量が1年を通じて一番多い季節で紫外線対策を怠るとすぐにでも肌が傷んでしまいます。その分夏が過ぎて涼しくなってくると紫外線に対して意識がいかなくなり油断をしてしまう人が多いようです。紫外線と言うのは季節に関係無く太陽の出ている時間ならいつでも降り注いでいます。その量は確かに季節の影響を受けますが、紫外線が肌に強い影響を与える以上、紫外線に対して油断をしていい季節はありません。特に気をつけてほしいのが秋です。9月位になるとだんだんと涼しくなっていき、外で過ごしやすくなることから、外出する時間が長くなるという人もいます。しかし秋の紫外線は意外と量が多く、何の対策もしないままで過ごしているとすぐに肌は傷んでしまいます。紫外線の量は9月までは非常に沢山降り注ぎ10月以降になるとその量が減っていきます。年間をとおして1番紫外線の強い季節は6月から8月と言われていますが、9月の紫外線の量は夏の7割から8割程度と言われていますので油断をするのはまだ早いわけです。紫外線は浴びた分だけ肌が老化すると言われていますので、9月の紫外線には油断をせずに日焼け止めを使って対策を行なっていくようにしましょう。日焼け止めの効果は夏ほど強力なものである必要はありませんが、天気によっては強い効果の物が必要になる可能性もあります。日焼け止めの消費期限は1年程度なので夏に余った分は使いきってしまうつもりでいたほうがいいですよ。小作 美容院