美容のための脂肪のとり方について

美容のための脂肪のとり方について

脂肪は皮脂の分泌を促して肌を乾燥から守ってくれる働きがあります。なんとなく健康に悪いとかコレステロール値が気になるという理由で悪者にされがちですが、美容にためには大きな役割を果たしていて、年齢を重ねた人にこそ脂肪が必要といえます。しかし脂肪の中にも幾つか種類があり、摂り方によってはやっぱり健康や美容に良くないこともおきてしまう可能性もあります。まずは脂肪は2つの脂肪酸に分けることが出来て、それが飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸は常温で固形となり、これが血液をドロドロにするなどの健康問題を引き起こす脂肪です。調理をしている時には溶けているのに、料理が冷めてくると白く固形になる物が飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸は常温で液体のもの、調理の時に鍋に敷いたりするものが不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸には3種類あり、それがオメガ3、6、9脂肪酸です。オメガ3脂肪酸は善玉コレステロールを増やして血液を綺麗にしてくれます。オメガ6脂肪酸は動物には不可欠な脂肪酸ですが、通常の食事で十二分に取れてしまい過剰摂取が懸念されています。悪玉コレステロールも善玉コレステロールも減らしてしまい、肌トラブルを引き起こす可能性もあります。オメガ9脂肪酸は悪玉コレステロールを減らし、酸化に強い特徴があります。もしも体にいい脂肪酸を摂ることを考えるならオメガ3脂肪酸とオメガ9脂肪酸の摂取を考えてみるといいでしょう。オメガ3脂肪酸は青魚、オメガ9脂肪酸はオリーブオイルが有名ですよ。銀座 美容院