ダイエット中はパンよりもご飯がおすすめ

ダイエット中はパンよりもご飯がおすすめ

ダイエットのためにパンやご飯といった炭水化物は控えたいと言っても完全に断絶することはできません。人間の体には炭水化物が必要ですし、美容にいい効果もたくさんあるからです。炭水化物を取るときにパンとご飯ならどちらがダイエットにいいか、結論から言いますとご飯のほうがお勧めです。ご飯とパンではカロリーの摂取量に大きな違いはありません。パン自体はご飯よりもカロリーが高めになりますが、ご飯はご飯だけで食べるということも滅多になくおかずなども含めるとパンとごはんのカロリー摂取にはあまり違いがなくなります。どちらも食べ過ぎないということを前提に考えてみると、血糖値の上がり方がご飯のほうがゆるやかになり、結果的にダイエット効果が高くなります。血糖値を高くしてしまうパンはそれだけ体に蓄えられやすい炭水化物で、血糖値を上げにくくなるご飯は脂肪に蓄えられにくくエネルギーとして消費されやすい炭水化物ということになります。パンに比べてご飯は噛む回数も増えるので、更に血糖値の上昇を防ぐことができます。意識して噛む回数を増やせば食べる量を減らすこともできて、ダイエットの妨げにはなりません。ご飯はダイエット期間中は極力避けたい食べ物ですが、食べ方によってはダイエット中に食べても全く問題無い食べ物でもあります。ご飯を食べるときには食べるようの抑えつつ、よく噛んで、時間をかけて飲み込むようにすると血糖値上昇による肥満のリスクも回避できるようになります。