ダイエットのために体温を維持する生活を送ろう

ダイエットのために体温を維持する生活を送ろう

物を食べている時に体が熱くなってくるのを感じたことがある人も多いと思います。これは物を食べることで体温が上がりエネルギーを消費しているからです。この時体温は上がり、脂肪が燃焼しやすくなっている状態です。食べている時だけではありません。運動を続けているとやっぱり体が熱くなってきますが、脂肪が燃焼している状態です。体温を上げると代謝が10%以上上がると言われていて、その分痩せやすくなります。ダイエットを効率的に進めていくためには体温を上げるということが大事なのです。現代の人は比較的体温が低く、35度台の低体温の人が多いと言われています。35度台では代謝も悪くなり、ダイエットをしてみたところで思うように痩せていくことができなくなります。自分の平熱を測った上で体温を上げていくための努力をダイエットを始める前に行っておきましょう。ダイエットのために朝食を食べていないという人は代謝を下げてしまう最もいけない習慣です。体温が低くなってダイエット効率も悪くなります。朝食はしっかりと食べて夕食はあっさりと済ませる生活に切り替えると体温を高くすることができます。睡眠不足も体温の低下を招きます。自分の時間を大切にしたいあまり、睡眠時間を削ってしまっている人がいたら、睡眠時間を大切にする生活に切り替えましょう。これだけでも体温が高くなり痩せやすい体にすることができます。運動不足の人はできるだけ運動をするようにして痩せやすい体作りを目指してみてください。青山 美容院