ドライヤーと自然乾燥の両方を利用して髪の毛を乾かそう

ドライヤーと自然乾燥の両方を利用して髪の毛を乾かそう

基本的に髪の毛の自然乾燥は髪の毛と頭皮のために良くないため、ドライヤーを使って乾かすのがいいと言われています。自然乾燥がいけない理由としては頭皮が湿ってしまい乾かない状態が続くことで菌の以上な繁殖が起こってしまい頭皮の臭いや頭皮環境の悪化といったトラブルにつながってしまうからです。お風呂から上がった場合にはすぐに髪の毛を乾かして頭皮環境を守ってあげることが大事になります。しかしドライヤーだけで完全に乾かしてしまえばいいのかというとそういうわけでもありません。ドライヤーで髪の毛を乾かした場合乾燥させすぎてしまうと髪の毛から完全に水分がなくなってしまうこともあります。髪の毛の内部には水分が含まれているのでドライヤーの熱が完全に伝わってしまうと内部まで乾燥してしまうということになります。ドライヤーを使うときにはある剃度まで乾かすということがポイントになります。大体80%ほど乾かしたらドライヤーを使うのをやめて自然乾燥を行います。ドライヤーで頭皮を乾かしてしまえば菌の繁殖を心配することはありませんし、8割乾かしてあれば後は自然な乾燥でも十分です。ドライヤーの冷風を使って自然乾燥仕立てにするのも効果的です。ドライヤーの冷風を使ったことが無いという人もいるかもしれませんが、乾燥させすぎを防ぐためにあるのです。ドライヤーを使った乾燥と自然な乾燥、この二つをうまく使って髪の毛を乾燥させるようにしてください。竹ノ塚 美容院