肌質の見極めとスキンケアでの注意点

肌質の見極めとスキンケアでの注意点

肌のスキンケアは簡単ではありません。まずは自分の肌質を見極めないといけませんが、肌質は日々変化していて、その日によってスキンケアの方法も変えないといけません。季節や環境によって大きく変わり、肌質に合わないスキンケアを行ってしまうと肌からは水分が奪われていってしまいます。夏のような暑い季節は潤っているように見えて内部が乾燥するインナードライ肌になることが多く、特別なケアが必要になることもあります。まずは肌質を見極めてみるとこと、そして正しいスキンケアを行うことを意識してみるといいでしょう。脂性肌、普通肌、乾燥肌は皮脂の量で見極めるのが一般的です。脂性肌は皮脂が多く、乾燥肌は皮脂が少ない、普通肌はその中間になります。朝起きた時に鏡を見て自分の肌の皮脂の量を見てみると見極めやすいはずです。インナードライは表面は皮脂が多く脂性肌にみえますが、内部は水分を失った状態で乾燥肌になります。インナードライは見極めが難しいですが、朝起きた時に皮脂が多いかどうか、そして洗顔後にしばらく時間が経って突っ張ったままならインナードライになります。脂性肌は保湿はそこそこに抑えて、乾燥肌は保湿に力を入れます。インナードライは保水に力を入れつつ保湿は程々に抑えるのがいいでしょう。どの肌質もクレンジングや洗顔での洗いすぎには十分に注意しないといけません。洗いすぎは肌の保湿機能を奪う結果になりますのでクレンジングも洗顔も時間をかけず、肌に負担をかけないようにケアしてあげてください。豪徳寺 美容院