冷やしシャンプーの開発

冷やしシャンプーの開発

冷やしシャンプーが誕生したのは山形県のとある理容店だったと言われています。今ブームとなっている冷やしシャンプーですが、その開発者は長い年月をかけて開発に取り組んできたようです。その開発のきっかけはやはり「夏の暑さ」だったようです。今では日本一暑い都市、として思い浮かぶのは埼玉県熊谷市が有名だ、と思いがちですが、統計的には熊谷市が日本一の暑さを記録したのは3年前ほどで、それまでは山形市が一位だったようです。そのことがこの冷やしシャンプーの開発を裏側にあった、と言っても良いでしょう。開発には皮膚科の医師や、頭皮や血液に関する研究をしている専門家の助言をもとに進められたと言われています。確かに頭皮につけるものですから、ただ気持ちが良いだけではなくて、安全性を重視する事も大切な事ですよね。いまではシャンプーだけではなく、冷やしトリートメント、や冷やしシェービングも開発されているようです。この「冷やし」のシリーズの特徴としては、一度味わったお客さんがほぼリピーターになってくれる、という現象があるようです。暑い日に、アイスキャンディーを一つ食べると、すぐにまた食べたくなる、そんな感じと似ているのかもしれません。暑い日にスーツを着て外回りをしているサラリーマンなどには、たまらない心地よさなのかもしれません。川越 美容院