保湿効果のあるボディソープを使った時の注意

保湿効果のあるボディソープを使った時の注意

お風呂に入って綺麗になれると考え、お風呂美容を実践していきたいと考えている人も多いかもしれません。でもただ入るだけでは綺麗になれないどころか、間違った入り方をしてしまうことでかえって美容に逆効果となることもあります。意外と勘違いしやすいことが保湿成分の入ったボディソープを使った場合です。保湿成分が入っているから体は潤っていると勘違いしてしまいがちです。お風呂に入ると肌の保湿成分は洗い流されていき、水分を保持する機能が弱くなります。長い時間入っていると特に保湿成分が流されていってしまい、お風呂から上がれば簡単に肌が乾燥していきます。保湿成分の入ったボディソープを使うことで肌の保湿は十分と考えてしまう人が中にはいるようですが、保湿成分の入ったボディソープはそこまで効果を発揮してくれません。洗い流すときにお湯をかければそのまま保湿成分は流されてしまいますし、その後湯船に浸かれば当然肌の乾燥は進行しやすくなっていきます。結局保湿成分の入ったボディーソープの効果も上がる頃には消えていて、また肌の乾燥状態が始まり、そのまま何もしないまま時間が経てば普通に過乾燥状態に突入していきます。結局保湿成分の入ったボディソープを使っても入浴後の肌の保湿は必要になるということです。ボディソープの効果が全く無いというわけではありません。ただ時間がすぎれば元通りの乾燥状態になるということを忘れずに保湿を行っていくようにしてください。上大岡 美容院