保湿をするなら乳液とクリームを使い分けてみて

保湿をするなら乳液とクリームを使い分けてみて

乾燥肌に悩まされている人は、スキンケアの時に乳液やクリームを使って保湿を行っているという人も多いはずです。乾燥肌では圧倒的に皮脂が足りていませんので、保湿にはこだわらないといけません。体から分泌される皮脂が多ければ問題ありませんが、皮脂が足りていない時には外部から補ってあげることが大事になります。乳液やクリームは保湿の要とも言えるでしょう。両方使う人もいますが、片方だけで済ませている人もいます。基本的には油分と水分の比率が違うので使い心地に差が出るという程度で、使う時には自分の好みで片方だけということも出来ます。乳液にもクリームにも美容に良い成分が含まれている物がありますので、成分をみて自分の肌に補いたい成分の入っている物を使うといいでしょう。美容液には保湿の効果がありますが、乾燥肌になると美容液だけでは保湿が十分ではありません。そのために乳液やクリームを使うのです。もしも乳液とクリームを両方使うなら、乳液から先に使うようにします。油分の多いクリームを最後に使うようにすると美容液や乳液の成分を閉じ込めることが出来ます。乾燥肌の人は肌が敏感に反応してしまう人も多いので、肌にやさしい物を選んで使うようにしましょう。スキンケアで使う化粧品は肌との相性がとにかく重要になります。誰かが使っているから自分も使うではなく、試してみて肌に合わなかった場合には使うのを控えて別の肌に相性のいい化粧品を使うようにしてみてください。