面接にふさわしいと言われるカラー

面接にふさわしいと言われるカラー

就職活動をするにあたって、採用する側が考えている面接にふさわしいヘアカラーはやはり「黒色」だ、と考えられているようです。これは男女にも共通する事のようです。これだけカラーリングをする事が一般的になっていますし、実際に少し明るめのカラーにしている方が明るいイメージになって、とても似合っている、と思われる人でも、やはり就活になると黒髪に戻します。それほどまでに採用側が求めている「きちんとした学生のイメージ」というのは「黒髪」なんでしょうね。どうしてそこまで「黒髪」なのか?と心の中では疑問に思っている学生も多いのではないか?と思われますが、実際に面接で不採用になった学生の中には茶髪にしていた学生が多いようですから、そういう結果を聞くと「何故?」と疑問に思う前に「黒髪にしなければ不採用になる」という認識の方が勝ってしまうでしょう。たかだか髪色が違っただけで不採用になってしまうぐらいなら、その場だけでも黒髪にしておこう、という方に従ってしまうのは仕方のないことかもしれません。また特に女性のヘアスタイルとして、ロングにしている人は黒髪にして後ろで一括りにする、というスタイルが一般的です。就職活動の時期になると、同じヘアスタイルをして黒いスーツを着ている女性たちが町にあふれていますよね。美容師を目指す人たちにとって、アシスタントとしてシャンプーをすることがまずは目標となるようです。大抵の美容室では新人の美容師にシャンプーの技量を身に着けさせます。これが私達が想像しているよりもはるかに大変な事の様です。たかがシャンプー、自分でも出来るような技ではないか、と思うかもしれませんが、私たちがお客としてシャンプーをしてもらう時に、少しでも耳に水が入ったり、爪を立てられたような感覚を覚えたりすると、嫌な気持ちになりますよね。中にはクレームをつけるようなお客さんだっているかもしれません。つまりそれぐらい細かい事にも気を使ってお客さんの頭や髪の毛を扱わなくてはいけないのがシャンプーなんですね。ですから数日で見に着く様な技術ではないようです。早い人で数か月、遅い人だと半年や一年もかかってシャンプー技術を習得する事になるアシスタントもいるようです。この練習のためには、アシスタントも手荒れをしたり中腰で腰を痛めたり、と辛い思いをするものでしょうけれども、当然のように練習台になる人も必要になってくるわけで、同期の仲間や先輩方は、一日何度もアシスタントのシャンプーの練習に付き合う事もあるようですね。人にシャンプーを施す、という事は、自分でシャンプーをするのとは全く別物の様です。中目黒 美容院