何かあるとすぐに来てくれる

何かあるとすぐに来てくれる

自分が行きつけにしている美容室がある人、というのは、何かあるとその美容室を利用してくれる人が多いものです。たとえば定期的なカットやパーマだけではなく、前髪のカット、ヘアセット、浴衣の着付けなど、ちょっとした時にもすぐにその美容室を訪れて利用してくれるようになるものです。もちろんそういう存在になるまでには、時間がかかるものですが、前髪カットだけのために来てくれるようなお客さんは、「単価の低いお客さん」ではなく「それだけのためにわざわざ足を運んでくれるお客さん」とみなすべきなんですね。そういうお客さんを大切にすると、もっともっと利用してくれるようになるはずなんです。そしてそれがいつかは、とても大きなオーダーにつながったりするんですよね。そういうケースの例として、高校生ぐらいのお客さんと言うのは、大切にしてあげると良いと思われます。高校生でまだまだ金銭的にも厳しいはずなのに、前髪カットや眉毛カットだけの為に来店してくれる、という御客さんは、その数年後にはきっとパーマやカラーをオーダーしてくれるお客さんになると思われます。そういうお客さんの将来を見据えて、大切にしてあげたいものですね。今はただの高校生カットであっても、きっと将来は良いお客さんになってくれるはずです。