夏の美容は紫外線対策から始める

夏の美容は紫外線対策から始める

夏には夏の美容法や対策が必要になります。特に大切なことはやはり紫外線対策です。1年の中で最も紫外線の強い季節になりますので、十分な対策を行っておかないと、夏の間だけでもかなり肌の老化が進行してしまいます。紫外線は肌に取り込まれたら体の外には出て行きません。紫外線を受けたものはそのまま体内で肌にダメージを与え、年齢を重ねていくたびに紫外線のダメージは蓄積されていくことになるので気をつけてください。紫外線の主な影響といえば、日焼けです。紫外線を受けた肌は紫外線から肌を守るためにメラニンを作り出しますが、ターンオーバーが十分に行われないとシミとして肌表面に残ることになります。シミが消えなくなってきたということはそれだけ肌の老化が進行しているということになりますので、紫外線による日焼けは極力防いでいくようにしてください。紫外線の影響は日焼けだけでなく、肌の内部にまで到達して乾燥を招くことにあります。肌組織を破壊し、潤いを保つために必要な成分を壊していき、肌が乾燥状態に向かってしまいます。夏は湿度の高さや汗の量から乾燥には気が付きませんが、夏が過ぎたあとで肌が乾燥しやすくなっていた場合は確実に紫外線の影響があります。壊れた組織を治すことは難しいので紫外線の影響を受け無いようにする必要があるというわけです。紫外線を避けるためにも日焼け止めはもちろん、日中の外出を控えたり日陰を歩くなどして紫外線の影響を少しでも軽くするように心掛けてみてください。吉祥寺 美容院