飲みすぎはたとえ水分でもダメ

飲みすぎはたとえ水分でもダメ

飲みすぎは体に良くないなんて言われます。この言葉を聞いたらだれでもお酒のことを思い出すのではないでしょうか。確かにお酒の飲み過ぎは美容にも健康にもよくありません。でも飲み過ぎでいけないのはお酒だけでなく水に対しても言えることです。日本人は循環器系の病気を患いやすく、そのために血液循環を良くするために水分の摂取が重要と言われています。モデル等は自らの美容のために常に水を持ち歩き、必要なときに補給しています。綺麗になりたいと思う女性が増えて、水を飲むという大切さが知られるようになり、毎日水分を十分にとっているという人も多いようです。でも水とは言え飲みすぎてしまうと悪影響が出てきてしまいます。代表的な悪影響としてはむくみがあります。むくみは体の中の余分な水分が細胞間の隙間にたまった状態です。血管を圧迫させて血流を悪くし、美容にとって良くない影響が出てきます。むくみによる水分も過剰な水分摂取によって生まれるもので、あまり水を飲みすぎていると慢性的なむくみから冷え性に繋がり、さらにはセルライトと発展していく可能性もあります。人間が一日に必要な水分は2リットル、料理で使われる水分を1リットルト考えて残りの1リットルを水分として補うことが理想です。それ以上の飲んでしまうと体のむくみにつながっていき、体に悪い影響が出てきてしまうことになります。水分は過剰な摂取を控えて必要な量を取るようにしていってください。海老名 美容室