抜け毛の解決は遺伝よりも生活習慣の見直しが大事

抜け毛の解決は遺伝よりも生活習慣の見直しが大事

ハゲは遺伝する、これは今までずっと信じられてきたことだし、今後もずっと信じられていくことでしょう。遺伝とハゲの関係は完全には否定できません。25%くらいは遺伝による影響を受けていると言われています。つまり、両親や両親の親がハゲていれば自分もハゲるという可能性は4人に一人な確率というわけです。高いのか低いのかは別として、ハゲてしまう原因を遺伝だけに求めることは間違いです、ハゲてしまうのは遺伝だけでなく生活習慣や食習慣による影響が大きいと言うことになります。若いときから抜け毛で悩まされているという人は遺伝の影響よりもまずは生活習慣や食習慣の見直しを行うようにしましょう。生活習慣としては、ストレスの影響が特に大きくなります。ストレスを長時間受け続けると自律神経の働きが悪くなり、緊張状態が続くことになり、血行が悪くなって髪の毛に影響が出てきます。ストレスをなくすことよりもストレスを発散することを考えていくと改善出来ます。食生活では栄養のバランスに注意しましょう。髪の毛に必要な栄養なんて言われてタンパク質やミネラルなどが豊富に含まれた大豆や海藻などが重要と言われていますが、栄養は全般的にバランスよく摂ることが大事です。髪の毛に必要な栄養を増やしても体の中で使われる量は限られています。吸収されずに体の外に出てしまうこともあります。必要な分を必要なだけ摂取し、足りなくならない生活をお心がけていくと抜け毛やハゲの問題も改善に向かうはずです。国分寺 美容院