「お任せ」と言われると困る美容師

「お任せ」と言われると困る美容師

美容師と言う立場は例えお客さんが「お任せで」と言ったとしても、自信を持ってお客さんの要望に応えなければならないものですよね。「お任せで」と言われた、という事は「美容師さんが私に一番似合うと思っているスタイルを作ってください」と言われている様なものです。ただカットやパーマのテクニックを問われているだけではなくて、似合うスタイルを提案するセンスも問われている訳です。本当なら自信を持って提案を指定けれども、自分の経験ではまだ無理だ、と感じる時には、美容師は良くヘアカタログを持ってくる様です。自信が無い、というのはまだお客さんの顔立ちや頭の形をみただけで、その人に似合うヘアスタイルのイメージを沸かせることが難しい、「このスタイルだ!」と言うひらめきが乏しい、という事だと思います。それは決してその美容師が腕がない、という事ではなくて経験の差なのではないか、と思われます。多くのお客さんに接していく事で、このタイプの人にはこれ!という発想力が養われていくものなのだと思います。ですから最初のうちは、ヘアカタログを提示して、お客さんにある程度の選択肢を絞ってもらう、という事をするのかもしれませんね。もしも担当がまだ経験の浅い美容師だ、と思われる時にはある程度自分の条件を伝えたうえでの「お任せ」にすると良いかもしれません。かなりの練習を積み重ねて、やっとのことでシャンプーに合格し、実際にお店に出てお客さんのシャンプーを担当する様になったとしても、それでもまだまだ新人だな、と思うようなアシスタントさんもいますよね。たいていの美容室ではシャンプーをしてくれる人、というのは漠然と「アシスタントがシャンプーをする」と決まっていますが、それはシャンプーが上手い人、というわけではありませんよね。ですからお客さんの方にしてみると、同じアシスタントの中でも当たりはずれがあって、経験が浅いアシスタントさんだとやはりあんまり気持ち良くないな、と思ったり、自分にとっては力加減が物足りない、と感じるアシスタントさんもいるわけです。ですが大抵の美容室では私達は「シャンプーを担当してくれる人」をいうのは指名をすることはありません。ですから「今日のアシスタントさんは上手だったな」とか「今回のアシスタンとはちょっとはずれだな」という感想を持って終わってしまいます。ですが良く考えてみたら、私達は担当美容師として、カットやパーマをしてくれる美容師を選ぶことができます。それは自分で満足いく結果を得るためですよね。それだったら、シャンプーだって、自分が満足できるような結果を求めたいものではないでしょうか。上手な人、相性の合う人にシャンプーをしてもらいたい、と思うのは当然です。大塚 美容室