お酒による睡眠の質の低下はクマの原因になる

お酒による睡眠の質の低下はクマの原因になる

お酒が美容に対して与える悪影響として代表的な物が目の周りのクマです。お酒を飲んで起きたら目のしたにくっきりとクマができていたなんて経験をした人も多いことでしょう。クマの改善のためにはお酒の飲み過ぎに注意することです。どうしてお酒を飲んでクマができるのかというと、睡眠に問題が出てくるからです。直接お酒がクマを作る原因にはなりにくく、お酒を飲むことで乱れてしまう睡眠に問題があるのです。アルコールを摂取すると一時的に快眠することが出来ます。でもアルコールによる快眠効果は短く、3時間もすれば効果が切れてしまいます。その効果が切れてしまうと中途覚醒の状態が続き快適な睡眠時間がなくなってしまいます。また寝ている間にアルコールの分解が行われているので内蔵は休むことが出来ません。肝臓にエネルギーが送られ続けていて、肌の代謝等に必要なエネルギーは送られなくなります。血液が乾燥に集中してしまうと肌は血行不足になる、更にレム睡眠が減少してしまうことで体全体の血行も悪くなり、そのためにクマができるようになります。お酒を飲むことで目のしたのクマが出来てしまうのは睡眠の質が低下してしまうからなのです。普段から寝酒の習慣のある人はクマができやすい条件で寝ているということになります。寝酒の効果は一時的な物に過ぎません。すぐに寝るために多めにアルコールを飲んでいるという人は特に体が休まる時間が無いということになりますので注意が必要です。桜木町 美容院