お勧めの有酸素運動は縄跳び

お勧めの有酸素運動は縄跳び

ダイエットのためには脂肪を燃焼させないといけません。そのために効果のある運動として有酸素運動があります。有酸素運動で有名な物といえば、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳などです。どれも脂肪を燃焼させる効果がありますが、もう一つお勧めの有酸素運動としては縄跳びがあります。子供の頃に遊んだという人も多いと思いますが、縄跳びも有酸素運動になります。しかし本来有酸素運動は20分続ける事で脂肪が燃焼するようになると言われています。縄跳びを20分続けるなんて普通の人でもは難しいと思いますよね。有酸素運動で脂肪が燃焼されやすくなるのは確かに20分経ってからですが、実際にはその前から脂肪の燃焼は始まっています。つまり縄跳びを5分続けるだけでも脂肪の燃焼は行われていることになります。縄跳びは有酸素運動の中でも特に全身を使うことになる有酸素運動ですので効率的に脂肪を燃焼しやすくしてくれます。20分続けるということが難しい人は1回3分をセットで行っていき、時間をかけて脂肪を燃焼させていくようにすると有酸素運動として高い効果を得ることができます。慣れないうちは筋肉痛になってしまうと思いますので、久しぶりに縄跳びを飛んで筋肉が痛くなったという人は毎日続けるのでは無く週に2回から3回程度の頻度で行なっていくといいでしょう。短時間でも効果を発揮してくれる縄跳びは忙しくてダイエットが満足に出来ないと言う人には特にお勧めの方法です。縄跳びはダイエットをしたい人にとっても、筋肉を鍛えたい人にとってもお勧めの運動になります。普通に飛び続ける事で有酸素運動となり脂肪を燃焼させていくことができます。それだけでなく飛び方を変えることで体の色々な筋肉を鍛える事も出来るようになります。女性の場合はスタイルのバランスを整えたい人も多いと思いますが、毎日同じ飛び方を続けるよりも飛び方を変えていったほうが体のバランスを整える事ができるので、色々と飛び方を試してみると良いですよ。ただ縄跳びをおこなうときにも注意しないといけない事があります。それはそれなりの強度のある運動になりますので体に負担もかかりやすいということです。準備運動を行わずにいきなり始めると下半身に負荷がかかりすぎて怪我をしてしまう事もあります。せめて屈伸とアキレス腱と足首の関節のストレッチだけは行なっておいてください。縄跳びをするときにはアスファルトのような地面の硬い場所は避けたほうが良いでしょう。それだけも怪我のリスクはかなり減らすことが出来ます。筋肉に疲れを感じているようなら休みを入れるということも必要になります。毎日続けて行く事が理想ですが、毎日続けて行くと体に疲労がたまってしまい疲れによって怪我の危険性も出てきます。下半身に疲れが残っている時には無理せずに休むかウォーキングによる有酸素運動に変えるかしてみたほうが良いでしょう。縄跳びをするときには体への負担を考えて続けて行くようにしてください。仙川 美容院