リバウンドを克服するために知っておきたいこと

リバウンドを克服するために知っておきたいこと

ダイエットを成功させるために様々なダイエット法に挑戦しているという人もいます。ダイエットの成功のために必要なことは共通していて、ダイエット法を変えればリバウンドをしなくても済むという物ではありません。ダイエットによってリバウンドのしやすさに違いがありますが、基本となることは同じなのでリバウンドをしないためには何に注意すればいいのか理解しておきましょう。リバウンドが起きてしまう理由はホメオスタシスによる代謝の低下とレプチンの減少による食欲の増進にあります。ホメオスタシスはダイエットをしている時に働く人間の体が持つ防衛機能です。食べ物がなくてもある程度生きていくことが出来るために備わっている機能で、食べる量が少なくても生きていくことの出来る機能です。ホメオスタシスが働いている間はダイエット期間における停滞期となり、思うように体重が減っていきません。ダイエットをしていれば停滞期が訪れるもので、その時にダイエットをやめないようにしましょう。通常のダイエット期間として続けていけば1ヶ月程たった頃には待た体重が減っていくようになります。レプチンによる食欲増進はダイエットをやめた後に注意する必要があります。普段と同じ量を食べても満腹感を得られなくなりますので、食べる量に注意していきましょう。食欲を意識してコントロールしていくことでレプチンの量は次第に元通りになり、以前と同じように満腹感を得られるようになっていきます。梅雨に入り湿気の高い日が続くようになると肌のバランスが崩れやすくなります。肌のバランスは汗と皮脂によって保たれていますが、気温が高く湿度の高い日が続くようになると汗も皮脂も過剰に分泌されるようになります。肌に雑菌が繁殖しやすくなりますし、皮脂の過剰分泌はニキビの増加に繋がります。こういった肌のトラブルは肌の持っているバリア機能の低下から始まり肌の再生に必要なターンオーバーの乱れにつながっていきます。本格的な夏に入ると紫外線も強くなり肌へのダメージはより深刻になっていくため、梅雨の季節に受けた肌へのダメージは早目に改善していくようにする必要があるのです。湿度、汗、皮脂のバランスを整えるための一番基本的なことは洗顔です。ただあまり洗顔をしすぎてしまうと皮脂が少なくなってしまい肌に悪影響が出てしまいます。洗顔のメインは朝と夜の2回で、それ以外の洗顔では洗顔料を使わずに軽く水で流す程度に留めておくことがいいでしょう。皮脂の量が多いTゾーンを中心に念入りに洗顔するようにして、皮脂の少ない場所は軽く洗うようにすると化粧崩れにも対応出来るようになります。皮脂と汗のバランスを意識的にコントロールするように心がけていくと肌トラブルに悩まされやすい梅雨も乗り越えることが出来るようになります。梅雨の季節は雲の多い日が続きますが、降り注ぐ紫外線は1年の中でも特に多く、紫外線対策も怠らないようにしていくと肌の悩みも改善できるようになりますよ。美容室 相模大野 トリートメント カット 白髪染め 当日予約 クーポン おすすめ