最終的には個人の信頼関係

最終的には個人の信頼関係

美容室のカット料金に色々種類がある時に、単純に一番高い料金なら一番満足できるはず、と考えるのは、少し短絡的すぎるかもしれません。たとえば自分がまずそこまでのテクニックを必要とするヘアスタイルを希望しているのかどうか、という事と照らし合わせてみる必要があるでしょう。またどうしてもどのように違うのか、という事が知りたいのであれば、一度すべてのメニューを体験してみるとよいと思います。そこで自分が体感してみて、そこまでの料金を払ってもその美容師にお願いしたいと思うかどうか、という事が一番の問題だと思うんですね。逆に料金設定が低い美容師にお願いしたとしても、とても満足できるものであれば、逆にそれはとてもお得な事ですよね。個人がそれで満足できるのであれば全く問題は無いでしょう。そこまでしないまでも、予約する時にそのカットの種類でどれぐらいの違いがあるのか、という事を確認してみるとよいと思います。最近はメディアに登場するスタイリストも多く、テクニックと言うよりは知名度だけで高い料金設定になっている美容師もいるようです。一番大切なのはその担当してもらう美容師と、良好な信頼関係を気付くことができるかどうか、という事であって、高い料金が設定されている美容師ばかりが良い美容師である、という事ではないと思われます。人を傷つけたり不快にしたりする言動と言うのは、その理由がいかなるものであってもするものではありません。ですから美容室の経営者は、スタッフの教育というのがとても重要になります。結局個人の好みはあるにしても、人間的に魅力のある美容師であれば、お客さんはついて来るものと思います。言葉遣いや態度には、その人間性が現れるものでしょう。たとえその美容室がノリの良さを売りにしているとしても、言ってはいけない言葉やお客さんに対する態度に限度と言うものがあるでしょう。いくら親しくなったお客さんでもこれ以上はやってはいけない、という境界線があるものです。それを超えてしまう美容師と言うのは、そもそも人間的にどこか人を見下したりするようなところがあるのだと思います。ですから気持ち良く通える美容室と言うのはそれだけスタッフ教育が行き届いている所だと言えるでしょう。人と人が接する仕事ですから、どんなに腕が良くてもその人と過ごす時間が不快であったならば、もうその場に来ようとは思わないのが普通です。美容師であることはまずは技術が身についていて当たり前です。それにプラスしてその美容師に魅力があるかどうか、人としての礼儀が備わっているかどうか、という事がその美容師の人気を左右すると思われます。そういうスタッフを育てるお店の裁量も問われるところです。三軒茶屋 美容院