生理周期に合わせて変化する肌の調子について

生理周期に合わせて変化する肌の調子について

女性にとっては肌荒れの有無は女性ホルモンによって決まってしまいます。女性は男性に比べてみてもホルモンによる影響を受けやすくなり、ホルモンの低下が肌荒れという結果につながりやすくなります。生理の時や、季節の変わり目は女性ホルモンのバランスが悪くなる季節です。そのため女性も肌荒れに悩まされやすくなり見た目にもボロボロの肌の状態になってしまうこともあります。女性ホルモンが乱れて具体的にどんな肌荒れになるのでしょうか。皮脂のバランスが悪くなりニキビや角質が厚くなる、肌が刺激に対して敏感になる、髪の毛が細く元気のない状態になる、これらの問題に直面するようになります。女性ホルモンには2つのホルモンがあり、特に美容に大きな影響を与えているのがエストロゲンです。エストロゲンの増加は生理の終わりから分泌量が増えていき約1週間で分泌のピークを迎えます。女性にとって一番綺麗になれる時でそこからエストロゲンの分泌が低下していき肌のトラブルが多くなっていくという状態になります。生理は約1ヶ月周期になりますので、毎月このサイクルに悩まされ続けることになります。でも女性ホルモンの分泌によって肌の状態が変化するということが分かれば、肌荒れが訪れるタイミングも分かるということになり対処もしやすくなります。自分の生理周期を正してそれを理解することから始めて行き、一番綺麗になれる時と調子の悪くなる日を把握して肌のケアをしていくようにしましょう。ヘアサロン 原宿駅 カラー トリートメント おすすめ 人気 主婦