セラミドによる角質層のバリア機能の重要性

セラミドによる角質層のバリア機能の重要性

セラミドが失われた角質層は角質細胞を支えてあげる事ができなくなります。角質細胞同士の隙間が出来てしまうと肌の奥から送られてくる水分を角質層にとどめておく事ができなくなるということになります。そんな状態が続いていくと当然肌からは水分が足りなくなっていき乾燥肌になってしまいます。乾燥肌の危険なところは、角質層が機能しなくなっている状態から紫外線や空気中の雑菌が肌に影響を強く与えてしまう可能性があるということです。角質層はセラミドが角質細胞の隙間を埋めることで紫外線や異物から肌を守っているわけですが、スカスカな状態になっている角質層では当然バリアとしての機能を果たせなくなります。肌のたるみや弾力などは表皮の奥の真皮の状態によって決まりますが、角質層が機能していない肌は真皮に影響が出てきてしまいます。こうなると根本的に肌の老化が進行してしまうことになり、一度老化した肌を元に戻すことも難しくなります。真皮の状態は外側からアプローチして改善してあげるという事が難しいので、体の再生機能に任せるしかありませんが、真皮層の新陳代謝は表皮に比べてとにかく遅く、一度傷んだ真皮は修復されるまでに時間がかかってしまいます。時間がかかっている間にさらに刺激によるダメージを受けていくことになりますので、まずは角質層の機能を回復させてあげる事が重要になって来るというわけです。失われたセラミドの補給はく難しいからこそ、セラミドの減少を防ぐようにしていかないといけないのです。新小岩にある美容院