紫外線の影響が危険なのでは5月と6月

紫外線の影響が危険なのでは5月と6月

紫外線の量が一番多くなるのは8月です。では8月が一番紫外線の影響が強くなるのかというとそういうわけではありません。実際に紫外線の影響で気をつけないといけないのは5月や6月になります。その理由としては、肌が紫外線に対して強く無いからです。人間の肌は紫外線を受けると紫外線の影響から肌を守るためにメラニンを作り出します。メラニンが作られると紫外線の影響はメラニンに吸収されて弱くなります。メラニンの働きで肌が守られるわけです。メラニンが多く作られるほど紫外線には強くなるのですが、5月や6月はまだ肌が紫外線に強く無いため紫外線を浴びると肌は大きなダメージを受けてしまいます。肌の黒さと紫外線の影響は関係していて、肌の白い人ほど紫外線のダメージが大きくなり、肌が黒いほど紫外線の影響は小さくなります。5月とか6月はまだ肌が白い状態の人が多いため紫外線の量に対して人の肌の抵抗力が足りない状態になっているのです。8月は紫外線が一番降り注ぎますが、肌が黒くなり紫外線に対する抵抗力が高まっている状態なので、紫外線を受けても肌はしっかりと守られています。ただ単純に紫外線の量で肌への影響力が決まるというわけではありません。肌の抵抗力が高まってない5月や6月は特に紫外線の影響に対して敏感になっておかないといけないということです。肌の抵抗力が下がっている季節にこそ紫外線対策が必要である事を覚えておき、1年を通して効果的な紫外線対策をしてみてください。