睡眠不足を解消して顔のむくみを解決

睡眠不足を解消して顔のむくみを解決

美容のために睡眠をとっているのに、朝起きて鏡を見たら前の日よりも顔が膨らんでいたなんてショックな状況を経験したことがある人も多いかもしれません。顔のむくみが原因になりますが、寝て起きたのになんで顔がむくんでしまうのでしょうか。下半身がむくみやすくなるのは当然の事でもあります。立っていれば重力にしたがって血液も水分も下半身に溜まりやすくなるというのは人間なら誰もが同じことです。それに対して顔には余分な水分がたまりにくくなるはずでむくみとは一番無縁のような気もします。顔がむくんでしまう事の大きな原因は睡眠不足にあります。睡眠が不足してしまうと体の中には疲労物質が溜まりやすくなり、酸素の不足が起こってしまいます。不足した酸素は血液で補われますがその時に血管が膨張します。血管が膨張すれば血液の流れは当然ゆるくなります。血液の流れがゆるくなれば体の中の余分な水分が流れにくくなり結果的に体の中に留まることになり睡眠をとったにもかかわらずむくみが解消されないことになってしまいます。寝ている間は足も顔も高さが同じになりますので顔にも水分が残る事になり結果的に顔のむくみへとつながっていくということになります。顔がむくまないようにする一番簡単な方法としては十分な睡眠をとって疲労を回復させるということです。血行が通常通りになれば自然と水分は流されていきむくみの問題も解消されます。睡眠不足の解消を行うようにすると快適な朝を迎える事ができるようになりますよ。綺麗になりたいからダイエットを始めるという女性が多いと思いますが、ダイエットのためには運動をしないといけません。しかし運動といってもダイエットのために脂肪を燃焼出来る運動もあれば、筋肉を付けてしまうだけの運動もあるという事を知らない人が沢山います。女性の場合は脂肪を燃焼させる運動、有酸素運動が特に重要になってきますので、有酸素運動のことについて詳しく調べてみましょう。有酸素運動は運動をしながら酸素を取り入れていく運動方法です。無酸素運動と言われる短距離走や激しい筋トレは呼吸を止めながら運動を行うことになり、脂肪を燃焼する効果はほとんどありません。有酸素運動と無酸素運動という物にはそれ程はっきりとした区別があるわけではありません。運動をしている時に呼吸ができているかいないかの違いで、代表的な有酸素運動であるウォーキングも息が上がるほどの激しさになって来ると無酸素運動に近づいていきます。酸素を十分に取り入れながら行うことの出来る運動が有酸素運動と言うことになります。まずは何か運動を始めてみましょう。そしてその時に酸素をしっかりと取り込みながら運動をしていくようにしてみてください。それが自然と有酸素運動になり、体に溜まってしまった脂肪を燃焼させていってくれます。家の中で出来る筋トレも呼吸をしながら行なっていくと自然と有酸素運動になってダイエットのためになる運動になります。有酸素運動がどういったものか理解をして自分なりのダイエットを考えてみると良いですよ。城南 美容院