冷たい麺の食べ過ぎに注意しよう

冷たい麺の食べ過ぎに注意しよう

夏は太りやすい季節です。それには色々な理由があるからですが、特に食べ物で太ってしまうということがあります。夏といって思い出す食べ物といえばそうめん、冷やし中華、ひやむぎと冷たい麺類が欲しくなる季節です。夏に太ってしまう原因には冷たい物を食べることで内蔵が冷やされて代謝が悪くなるという原因があります。また麺類は炭水化物の代表的な食べ物で、炭水化物の過剰摂取になってしまいます。冷たいものと炭水化物という組み合わせが夏太りを加速させてしまうのです。まず気をつけたいことが体を冷やすということです。温かいものにすれば代謝が下がることもありませんのでその分太りにくくなります。そうめん等は温かい状態で食べたほうが夏太り対策になるということです。また炭水化物の摂り過ぎは肥満を招く大きな要因となります。血糖値の上昇を招きその結果空腹状態になるのも早くなり食事の回数も増加することになります。脂肪として蓄えられやすいというのも夏太りを招く原因になります。麺類でも比較的太りにくいと言われているのが蕎麦です。これは血糖値を上昇させにくいことが理由で、脂肪になりにくい炭水化物です。麺類を主食としている人は蕎麦を中心にしていくと比較的太りにくい生活が送れるかもしれません。それでも食べ過ぎになってしまっては意味がありませんので量は摂り過ぎないように気をつけましょう。夏の食生活では冷えた麺類の摂り過ぎに気をつけていくと太りにくい夏を過ごすことができるはずです。二子玉川 美容院